乃木希典

乃木希典(のぎ・まれすけ)。1849(嘉永2)年-1912(大正元)年。日露戦争で旅順要塞を陥落させ、勝利に貢献。その後、明治天皇より学習院長に任じられ、昭和天皇の養育に注力。「乃木大将」「乃木さん」などと戦前には国民から広く敬愛されたが、戦後は歴史授業や教科書では教えられなくなった。

なぜ世界から称賛されたのか?

敵将に対する仁愛と礼節にあふれた武士道精神は世界に感銘を与えた。

なぜ国民から広く敬愛されたのか?

明治天皇に殉死した乃木大将は、その後も多くの人々の心の中に生き続けた。

昭和天皇をどのようにお育てしたのか?

昭和天皇:「私の人格形成に最も影響のあったのは乃木希典学習院長であった」

関連施設


関係地: 山口県下関市 職業: 軍人 時代:明治

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA